日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

梅宮辰夫さん

 81歳だったんですね。
 1958(昭和33)年、東映ニューフェイス5期生。60年代の映画は殆ど見ておらず、70年代の「仁義なき戦い」以降の東映やくざ映画を観ると大体出てましたので、なんといってもその印象が強い。
 美食家を買われて「食いしん坊万歳」のレポーターをやったり、「料理の鉄人」で和の鉄人、道場六三郎と戦ったりしたこともありました。
 バラエティにもよく出ていて、映画俳優でデビューから亡くなるまで常に第一線で活躍されていた。これはやっぱりすごい事です。

 しかし死は平等に訪れる。

 うちの父親も84歳で、母親は79歳で亡くなった。80歳くらいが人間の寿命と考えると、私に残された時間も30年を切ってる。もう晩年と言って良い年齢。
 梅宮さんも最後まで俳優としてドラマに出ていました。往年の名俳優、名女優ばかりを集めた倉本聰脚本の連続ドラマ「やすらぎの刻」。10月に亡くなった山谷初男、その前に亡くなった八千草薫、前作の「やすらぎの郷」でも野際陽子が出ていました。カミさん曰く、遺作の為に用意されたドラマ。

 死ぬ時に後悔をしたくないとは言うけれど、人の死は常に道半ば。であれば、やりたいと思ったことをやれるうちにやるというのは、生き方として正しいと思う。
 どうせ後悔するなら、人に迷惑をかけない範囲で(というところが小心者なんですが(^_^;))、やりたいことをやろうと思います。

 享年81。梅宮辰夫逝く。
 映画やTVでの楽しい時間をありがとうございました。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
 

「G線上のあなたと私」

G線上のあなたと私 コミック 全4巻セット

いくえみ綾 著・マーガレットコミックス
 今期ドラマ一押し。来週で最終回。
 最終回が待てず原作を読んでしまいました。大まかな流れは原作を踏襲していますが、エピソード順を入れ替えていたり、キャラクターに新しい造形を付け加えていたりしているので、ドラマの最終回がどう落ち着くのか想像するしかありません。
 ドラマは、街のバイオリン教室に通う、40代の主婦幸恵さん(松下由樹)と20代後半の婚約破棄されて無職の也映子さん(波瑠)、19歳の大学生理人くん(中川大志)の、年齢も生活環境も違う3人が友情と愛を育てる物語。
 原作でサラリと書いている3人の心情がドラマではより細かく表現されていて、3人とも本当に演技が上手いなと思うのと同時に、脚本の安達奈緒子さんがやっぱりすごいと思ったら、2004年綾瀬はるか主演の弓道ドラマ「冬空に月は輝く」(オリジナル脚本)を書いた人でした。

 原作付きのドラマ化だとどうしても原作に軍配が上がることが多い。キャラクターのイメージを変えてしまったり、絶対に抜いてはいけないエピソードを抜いてしまったり。結局原作を読んだ人にも納得できるドラマ化をする為には、脚本家の構成、監督の演出がまず原作をちゃんとリスペクトしているかが鍵になる。
 今回のドラマでは特に主人公の3人の演技がとにかくいい。造形も原作に沿いつつ、外していない。
 勿論原作がなければ生まれなかったドラマですが、今回のドラマ版はすごく良いです。
 
 最終回どうなるだろう。泣かされちゃうかなぁ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
 

「うさぎ幻化行」

うさぎ幻化行 (創元推理文庫)

北森 鴻 著・創元推理文庫

 北森作品には、おいしそうなお酒食べ物の描写がある。
 この物語は連作短編。第3話「祭りの準備」に浅草神谷バーの風景で、こんな一節がありました。
 
 電気ブランを知っているかい。日本ではじめて創られたオリジナルカクテルなんだって。ブランデーベースなんだが、電気ブランなんて面白いネーミングだろう。カクテルが創られた当時は「電気」という言葉がハイカラの象徴だったそうだ。ハイカラなんて言葉もとっくに死語なんだが、この店に限っては妙に新鮮に聞こえるから不思議だね。電気ブランは今じゃこの店(バー)の名物だよ。わざわざ遠くから、これを呑みにやってくる人もいるとか。
 だめだよ、うさぎ!そんなに一気に飲んじゃ……ほら、むせただろう。アルコール度数が総統に高いんだから。まず少量を口に含んで、静かに喉へと流すんだ。それから生ビールをひと口飲んで。口の中を洗うのさ。すごい飲み方だよね。カクテルのチェイサーがビールなんて。職業的……というよっりは専業の酔っ払いにしか、思いつかない飲み方だよ、こいつは。つまみは煮凝りにやはり名物のもつ煮込み。でたらめな取り合わせだって?それがなぜだか合うんだなぁ。早々忘れちゃいけないのが串カツ。たまねぎたっぷりに肉はほんのお付き合い程度。洋がらしをべったり塗って、おもむろにかぶりつく!鼻にツ-ンと辛味が抜けたところに生ビール。ひと息ついて、今度は電気ブラン。それぞれ三杯ずつものめば、りっぱな酔っ払いだね。


 もうね、神谷バー行きたくなってしまいましたよ。

 物語は結構ハード。
 航空機事故で義兄を喪ったリツ子。飛行機の中で残された遺書と音響技術者だった義兄、圭一の残した音風景のメッセージを元に日本各地を訪ねる。採録した先を訪ねていくと殺人事件との関りがある。一方で残された音も細工が施されていて、もう一人の”うさぎ”と呼ばれた女性の影が浮かび上がっていく。そして圭一の死の真相は。。音を切り口とした珍しいミステリで、北森鴻の博識ぶりが光ります。

2010年1月に急逝されたので、もうすぐ10年。世に出た作品は35冊。読んでいないのはあと5冊くらい。特にミステリー好きという訳でもない私ですが、何を読んでも外れがない。48歳という若さで早逝されて本当に残念です。

 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

うさぎ幻化行 (創元推理文庫)

うさぎ幻化行 (創元推理文庫)


 

自分の評価

 転職サイトで自分の評価を見て愕然とした。今の年収を稼げるところは1社だけ。平均は半分以下。客観的にみたら、私なんか市場価値は全然ない。
 そりゃまぁ資格らしい資格は持ってないし、英語もしゃべれない。営業といっても飛び込みセールスをしていたのは5年程度、後はルート営業だから営業力という意味でもさほど高いものではない。
 PCもワードやパワーポイントはともかくとして、EXCELは関数、マクロは使えるけどVBAは殆どやったことない。アクセスも簡単なデータベースが組める程度。
 最大の弱点は年齢。さすがにセミリタイヤ寸前のおっさんを高給で雇う酔狂な会社はないですね。

 来年には役職定年となり、収入が2割下がります。それでも転職するよりは全然いい年収。60歳になると再雇用で更に3割くらい落ちますが、それでもコンビニでバイトするよりは貰えることを考えるとやめられません。
 
 定年になったらやりたい事いっぱいあるけど、死ぬまで働かないと生活が立ちゆきません。

 あーあ。


 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

納射会

 市弓連の納射会
 エントリー〆切が昨日で、滑り込みで参加申し込み。
 四矢2回(座射、立射)。3人立でチーム戦個人戦兼ねる。
 ここのところそこそこ調子よかったので、いい成績出せるかなと思ったら1中しかせず大爆死。掃くなんてここ数ヶ月ほとんどなかったのに、掃きまくる。
 その上”ブービー賞”なる不名誉な賞までいただいちゃいまして、落ち込みに拍車がかかるorz。優勝の副賞商品と同じというところはお得ですが、恥ずかしいったらありゃしない(^_^;)。
 チーム成績は悪くなかったのに一人で足を引っ張ってしまい、大反省。。私がちゃんと中ててれば優勝も狙えたわ。

 かように安定しない私の射。ほんとダメダメです。いい時とダメな時の差が激しすぎ。
 基本的にメンタルの弱さと集中力のなさが一番の原因。なのでひとりで練習してるときは的中率はかなりよいけど、試合となるとなかなか中らない。
 常に中る。どんな状況でも中る為には、とにかく練習するしかないです。やっぱよく中る人はウィークディも時間を見つけてちゃんと練習しています。
 あとは、ちゃんとした射形を身に付ける事。
 筋力を上げるのも大切ですが、それよりも、正しい射形を意識して機械のように常に同じ射をすること。
 
 来週は所属する会の納射会。もう少しまともな射、できれば入賞に絡むよう頑張ります。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村