日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

ドラマ

01

新しく始まった「仮面ライダー01(ゼロワン)」今のところ観ています。シンプルな造形は好印象。 それにあやかって今youtube東映特撮チャンネル(公式)で「キカイダー01」が配信されています。これが面白い。45年以上前の作品ですから特撮はちゃちだし、…

「「怪奇大作戦」の挑戦」

白石雅彦著・双葉社(ソフトカバー) 「「ウルトラQ」の誕生」「「ウルトラマン」の飛翔」「「ウルトラセブン」の帰還」に続く、円谷プロ盛衰記。 ウルトラセブンも後半に入り、視聴率が低下している中、フジテレビで大人をターゲットにした1時間ものの特撮…

ドンミノドミナス!

2000年NHK教育テレビ「ドラマ愛の詩」枠で放送された「六番目の小夜子」。 01年にDVD全3巻で出ていましたが手に入れることができず、中古で探していたのですが名作故か手放す人が少ないのか、たまに出ていても高額だったり、ほとんど市場にありません…

「ハゲタカ」

テレビ朝日系で、7月から放映されていました。全8回。本日最終回でした。今期で全話ちゃんと視聴できたドラマの一つ(今のところ「義母と娘のブルース」と「この世界の片隅に」は全話観れてます♪)。 バブルを発生させて平成という30年間で敗戦処理をまと…

六神合体ゴッドマーズよりって…(^_^;)。

TBS系日曜劇場で実写ドラマが放送されている「この世界の片隅に」の原作者・こうの史代氏が投稿したとみられるドラマへのコメントが話題になっている。■放送当初から原作漫画との違いが指摘されている実写ドラマ版に対し、こうの史代氏のファンが集まり本人…

月例会と神木君のドラマ

朝、足がつって目が覚めた。しかも太腿。 で、アンメルツヨコヨコと電気マッサージ機で復活して、今日は月例会の日なので、とりあえず弓道場に。結果は酷かった。10射3中。いい射と思えたのは1射くらい。うーーむ。歩くだけでも腰に激痛、最初の一手座射でし…

『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』

2017年10-12月期ドラマ。フジテレビ月曜9時。 全10話で最高視聴率が初回の9.0%、最終回は月9ドラマワーストの4.6%、平均視聴率6.7%と惨敗の数字でした。 中卒で学がなく正義感ばかり強い主婦、佐藤智子(篠原涼子)が、TELオペレーターの仕事を…

『奥様は、取り扱い注意』

ちょっとネタバレ含んでいますので、まだ見ていなくて楽しみにしている人は回れ右してくださいwNTV系 昨年10月〜12月まで放送されたテレビドラマ。 インフルエンザで出勤停止、一歩も外に出られない為、録り貯まってしまったドラマの消化に当てる。この…

「カルテット」観てたら止まらない。

録画していたのを見ていたら止まらなくなった。今7話だけどあと3話見たら1時過ぎるので我慢々々。 別府君(松田龍平)、すずめちゃん(満島ひかり)、家森君(高橋一生)、真紀さん(松たか子)が偶然出会いカルテット「ドーナツホール」を結成する。でもそ…

「カルテット」

不思議なドラマでした。本日最終回。 複雑な人間関係は正に大人の世界。みんないろんなものを抱えて生きているけど、全部詳らかにしてるわけじゃない。主演の4人が歌うエンディングの最後で「♪大人は秘密を守る」と歌ってますが、その通り。 例えば机を並べ…

「北の国から’98時代・前編」

毎週日曜8時はBSフジ「北の国から」再放送の時間です。 今日は「―’98時代・前編」。純は相変わらず富良野市の清掃局臨時職員でゴミ収集車に乗っている。前編のメインは、螢ちゃんの妊娠を聞いた草太兄ちゃんが正吉とくっつける話。 蛍ちゃんのお腹の子は…

AV女優との結婚

毎週日曜日BSフジで「北の国から」の再放送をやっていて目が離せません。昨日は「―'95秘密」。 富良野に帰った純くんは市の臨時職員になってゴミ回収車に乗っている。以前回収したごみの中に柱時計があり、純くんが貰って五郎さんの家に掛けていた。その柱…

「北の国から」

1981年から24回のTVシリーズ、その後数年おきにスペシャル版が放送され2002年に「北の国から2002遺言」が今のところの最後の物語。とはいえ、鬼籍に入ったキャストもあり、五郎さん(田中邦衛)も現在84歳と北の国から」続篇は厳しい感じ…