日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

漫画

蛹を醜いと嘲り笑う者は蛹から生まれ出る蝶の姿を知らない。

大純情くんKCコミックス 松本零士作「大純情くん」という漫画がありました。1977年週刊少年マガジンに連載、KCコミックス3巻にまとめられ、2001年漫画文庫に。上の写真はKCコミックス版。 コミック版、文庫版共に絶版。文庫版には、コミック版発行の際…

「天を射る」第1巻

西荻弓絵原作/飛松良輔画・ビッグコミックスピリッツ連載中 何気に今日も練習してきました。GW中何射してるんだ…(^_^;)。 星野勘左衛門を主人公とした三十三間堂の通し矢物語は、平田弘史作の漫画「弓道士魂」が白眉ですが、2006年発行の完全版単行本は既…

「ストップ!!ひばりくん! コンプリート・エディション

江口寿史著・1981-83年少年ジャンプ連載 書庫の奥にあり過ぎて取り出すのが大変で、amazon/kindle版がタイムセールで格安だったので買っちゃいました。 集英社ジャンプコミックス版は全4巻、コンプリート・エディションは全3巻。この版はカラーページ再現…

「クラッシャージョウREBIRTH」第1巻

原作:高千穂遥/キャラクター原案:安彦良和/漫画:針井佑「クラッシャージョウ」が初めて世に出たのは1977年、今はなき朝日ソノラマ文庫。私が読み始めたのは、高校生くらいからだから6巻まで出ていました。もしかしたら「マンガ少年」に短編が掲載されたのを読んだ…

「一礼して、キス」

加賀やっこ著・フラワーコミックス。 弓道漫画、というか弓道部所属高校生の恋愛漫画。昨年映画化もされました。本編全7巻+特別篇(は読んでない)。 弓道ものというのは数えるほどしかなく、なるべく読む用意しています。とはいえ、基本的に漫画という媒体…

「石ノ森章太郎の物語」

正式名称「石ノ森章太郎 の物語 [ 生誕80周年 - 石ノ森自身が描いた15の自伝的ストーリー 漫画作品集 - ]」 石ノ森章太郎著・ 三栄書房(SAN-EI MOOK) 先日、24時間テレビドラマスペシャルで『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』が放送されて、衝動的にポ…

「侍ジャイアンツ」

梶原一騎原作/井上コオ画 GYAO!でアニメ見てたら「そういえば原作通して読んだことないなぁ」と思い読んでみた。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、1971年36号より1974年42号まで連載。wikiによるとアニメ化先行の企画だったとの事。ただ漫画が先行…

「沈黙の艦隊」

かわぐちかいじ著・講談社(モーニングKC全32巻/愛蔵版全11巻/文庫版全16巻) 1988年から96年まで連載。8年かけて描かれた作品ですが、物語内の時間は2カ月。最初の頃、もっぱら喫茶店に置いてあったのを読んでいたのですが、最後まで読んでいませんでした…

「新世紀エヴァンゲリオン」

今更ながら続けて読んでみた(^_^;)。 5巻くらいまではタイムリーに読んでいたのですが、いつになっても終わらず、忘れた頃に新刊が出ていてほんとに忘れてしまったww 確かこの頃までは、少し違うところはあるもののTVシリーズを焼き直しているだけって感…

「20世紀少年」

今更通して読みました。 連載中、スピリッツ買っていたので読んでいましたが、過去と現在を行ったり来たり、いつになっても"ともだち"の正体は分からず、伏線が一向に回収されないまま、主人公であるケンヂ不在のまま物語は進行する…と、なんとも好奇心が持…

「洗礼」

楳図かずお ずっと読みたかったんですがやっと読みました。昭和49年『週刊少女コミック』連載ですから、連載時は9歳。少女漫画雑誌を読むようになったのはもっとずっと後なので、雑誌連載中は知らず、10年後くらいに「漂流教室」を再読してから楳図かずマ…

「幻魔大戦Rebirth」第6巻

平井和正・石ノ森章太郎オールスターの幻魔大戦も早6巻。 主要人物としてミュータント・サブ(風田三郎)が出て来たり、サイボーグ009の001(イワン)が出て来たりする。その他石ノ森作品の超能力者が少年マガジン版の最後に出てきたけど、今回はそれ…

「ヤジとボク」

「ヤジとボク」 は月刊少年ジャンプ1975年3月号に掲載された手塚治虫の短編。ずっと探していて、集英社文庫の手塚治虫名作集の第6巻「白縫」に収録されているのを知り、中古ネット書店で入手しました。その後すぐにBOOKOFFの100円コーナーにあっ…

「元祖大四畳半大物語」

松本零士著。 少年マガジンに掲載され第三回講談社出版文化賞児童まんが部門受賞を受賞した「男おいどん」のアダルト版といえばよいのか。掲載誌青年漫画雑誌だったこともあり、毎回エロシーンがある。 主人公足立太(あだちふとし)は、九州出身のトイレ風…

「ガンフロンティア―ハーロック&トチロー青春の旅」

元々松本零士が70年代に描いたガンマンのハーロック、日本刀(仕込杖)使いのトチロー、絶世の美女でエロいシヌノラの3人が西部の街から街に旅する「ガンフロンティア」が原作。それを別の作家さんがリライトされたのがこの本。 漫画雑誌「チャンピオンR…

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」

kindle版がフルカラーなので買っちゃいました。 田中圭一というと、どうしてもH系か、手塚治虫、松本零士、ジブリとかの"イタコ"系の漫画(これは同人誌を読んでいないとわからないか…)しか思い浮かばないけど、メジャーでここまで大ヒットするとは、本人…

「ハーロック&トチロー 単行本未収録作品集」

今更こんな本が出るなんて…。 「チャンピオンRED」別冊付録として付いていた松本零士の旧作で単行本にまとめるほどの量のないハーロックとトチローの物語をかき集めて1冊にした本。 「ザ・トチロー」は1979年に週刊少年ジャンプに掲載された読み切り…

999の最終回

今更ですけど、「銀河鉄道999」の漫画版の最終ページで、鉄郎が乗る銀河鉄道のバックマークが「999」ではなく「1000」になっています。手元にある人見てみてください。 惑星大アンドロメダに到着すると、鉄郎を助けるために砕け散ったガラスのクレ…

「幻魔大戦Rebirth」第5巻

原作:平井 和正・石ノ森 章太郎/脚本:七月 鏡一/画早瀬マサト・石森プロ「魔女の標的」の三輪真名(児)が幻魔の眷族となって、丈の高校に赴任してくる。角川幻魔他の田崎は自衛官として参戦。もはや杉村一族といっていい新キャラクター杉村遊奈が"ベアト…

「東京ラブストーリー 〜After 25 years〜」

お客様とのアポ前、時間調整で入った三省堂に単行本があって衝動買い。昨年週刊ビックコミックスピリッツで読み切りが掲載されたのは知っていましたが、その後女性セブンで連載されたらしく、それをまとめたもの。 1988年に連載され91年からテレビドラマ化、…

「幻魔大戦Rebirth」第4巻

原作:平井 和正・石ノ森 章太郎/脚本:七月 鏡一/画早瀬マサト・石森プロ 先日amazonから届いた4巻。今回の客演は、「ミュータント・サブ」の風田三郎。「新幻魔大戦」に出てきた犬神一族の月影も登場。2人で東丈の姉、三千子を襲う幻魔から守る。石森章…

「食糧人類 ーStarving Anonymousー」

原案:水谷健吾/原作:蔵石ユウ/絵:イナベカズ (著) web雑誌「eヤングマガジン」掲載中。いつもはすぐスクロールするまとめサイトの広告で気になり、調べてみたら驚愕の内容。コミックが出ているというので本屋さんを数軒回りましたがどこにも置いてなく仕…

「キャプテンハーロック〜次元航海」5

リメイク版キャプテンハーロックも5巻、ハーロックと女王ラフレシアの初邂逅、マゾーンの正体が明らかに。そして最後に出てきたのはトカーガの戦士ゾル。波野静香、まゆもダイバーゼロも黒騎士ファウスト(星野剛造という名前!)、イルミダスにネオガミラス…

「少年プラズマ戦隊」

松本零士になる前、松本あきら名義で少年漫画雑誌「冒険王」に連載されたSF漫画。昭和41年新年号からですから、私が生まれてちょうど1年後。勿論覚えていません。今回読むの初めてです。 月刊漫画誌チャンピオンREDの今日発売の12月号の別冊付録と…

「聲の形」

映画を観たので改めて。といっても今まで1,2巻までしか読んでおらず、それ以降は初読みでした。 ある日、毎日退屈を埋めるために過ごしている将也のクラスに聴覚障害者の西宮硝子が転校してくる。最初は優しく接していたクラスメートたちも、だんだん硝子…

「江口寿史のお蔵出し 夜用スーパー」

江口寿史・2010年初版 江口寿史の単発ものやエッセイ漫画、始めたものの数回で中断した作品を集めた本の第2弾。第1弾の「江口寿史のお蔵出し」も持っていたのですが、BOOKOFFで偶然発見。出てたことすら知らなかった…。 江口寿史の描く女性イラ…

「アンノ対ホノオ」

島本和彦・16夏同人誌 漫画家の島本和彦が「シン・ゴジラ」の総監督庵野秀明と大学時代同級生だったというエピソードは、TVドラマ化もされました自伝的漫画「アオイホノオ」で十二分に描かれています。勝手に庵野秀明にをライバル視しているホノオ(島本…

「サイボーグ009」天使編の続き

帰りにBOOKOFFに寄ったら発見した「3.11を忘れないために ヒーローズ・カムバック」。東日本大震災復興のためのチャリティー企画。細野不二彦の声掛けで集まった9人の漫画家さんたちによる競作で、必要最低限の経費を除く収益と印税を寄付された…

サイボーグ009映像化50周年。

石ノ森(石森)章太郎原作「サイボーグ009」が発表されたのが、1964年7月19日発売の週刊少年キング。今日で丁度52年目のお誕生日。そしてその2年後劇場アニメとして東映動画(東映アニメーション)によって製作、発表されました。今年丁度50…

「ぼくは地球と歌う」第1巻

日渡早紀著・白泉社・花とゆめコミックス プレミアムファンブック付き特装版買っちゃいました。 「ぼくの地球を守って」「ボクを包む月の光」に続く、「ぼく地球(たま)」シリーズ第3弾。今回も前作に引き続き、小学校6年生になった、亜梨子と輪の子ども…