日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

美術

「なつぞら」好きなら必見、「高畑 勲 展 ―日本のアニメーションに遺したもの」

高畑勲展in東京国立近代美術館2019東京国立近代美術館 2019.07.02(火)- 2019.10.06(日) 宮崎駿が稼いで、高畑勲が蕩尽する。スタジオジブリは、アニメーションの可能性を極限まで追求する高畑勲の為に作られたスタジオだと改めて実感する展覧会でした。…

「特撮のDNA/東京展『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで」

会場:蒲田/日本工学院専門学校「ギャラリー鴻」 「特撮のDNA/東京展」、会期が今月27日までですが、週末は予定があっていけない為、時間休みを取って行ってしまいました。 1954年の「ゴジラ」第1作から「シンゴジラ」まで、さまざまな小道具、ミ…

全員巨匠!フィリップス・コレクション展

午前中は個人的に射初め。寒かったので20射だけしました。 午後は、今日はカミさんが仕事だったので、仕事帰りのカミさんと一緒に三菱一号館美術館でワシントンにある私立美術館"フィリップス・メモリアル・アート・ギャラリー(フィリップス・コレクション)"…

「ムンク展―共鳴する魂の叫び」

於:東京都美術館美術の教科書で見たことのあるムンクの<叫び>。いくつかのバージョンのうち、今回はオスロ市立ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の、おそらくもっとも有名な奴が初来日。なかなか本物を観る機会もそうないはず。ということで、今週…

「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界ー1780年パリに始まるエスプリ」展

丸の内にある三菱一号館美術館。ジョサイア・コンドルの設計した「三菱一号館」を2010年に復元、美術館となっていう建物。東京駅近く皇居方面に歩くとある建物で気になっていっていたのですが入るのは初めて。オリジナルは取り壊されているので、往時を偲ぶ…

「ミラクル エッシャー展」

@上野の森美術館。 M・C・エッシャー (Maurits Cornelis Escher)は、不思議な作品が印象的なオランダの版画家。たくさんの鳥の隙間がたくさんの魚になっていく(平面の正則分割というらしい)無限に続く階段や、坂を上っていく水、ありえない柱、美術の教…

「生頼範義展THE ILLUSTRATOR」

本日初日の生頼範義展を観に上野の森美術館に行ってきました。 生頼範義といっても知る人ぞ知る、知らない人は全然知らないのではないのかと。70年代〜80年代に主に角川文庫での小松左京、平井和正の表紙それと平成ゴジラのポスターなんかは見たことある…

春画展@永青文庫+α

5日も連休で、どこにも行かないのはさすがにどーかと思い、カミさんに聞いたら「春画展」いいねってことで一緒に行くことに。 開催している永青文庫は、肥後大名細川家屋敷跡に作られた、細川家の保存する文化財を保管、一般公開するために作られた美術館。…

「スターウォーズ展―未来へ続く想像のビジョン。」

六本木ヒルズ52階展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーでこのゴールデンウィーク(4/29)から開催されている「スターウォーズ展―未来へ続く想像のビジョン。」に行ってきました。カミさん誘ったら「スターウォーズ?興味ないし〜」とつれない返事。12…

「樹花鳥獣図屏風」を観に行く。

カミさんがサントリー美術館でやっている「若冲と蕪村展」に行ったら」「白象群獣図」しかなくて、どうしても「『樹花鳥獣図屏風』が観たい」と言いだした。 「樹花鳥獣図屏風」は静岡県立美術館収蔵品。痛みが進んでいる為か毎年ゴールデンウィークのみ一般…