日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

むすび


昨日地上波で初放送された「君の名は。」で語られていた「むすび」について。

一葉おばあちゃんと三葉(この時は瀧が入っている状態)、四葉の3人はご神体のある山に祭りで作った"口噛み酒"を奉納に行く。その道行きで一葉おばあちゃんが2人にこんなことを話します。
一葉「三葉、四葉、むすびって知っとるか?」
三葉「むすび?」
一葉「土地の氏神様をな、古い言葉でむすびって呼ぶんやさ」
一葉「この言葉には深ーい意味がある。糸を繋げることもむすび。人を繋げることもむすび。時間が流れることもむすび。全部神様の力や。わしらのつくる組紐も、せやから、神様の技。時間の流れそのものを表しとる。縒り集まってかたちを作り、捻れて、絡まって、時には戻って、途切れて、また繋がり...。それがむすび。それが時間。水でも米でも酒でも、人の身体に入ったもんが、魂と結びつくこともまたむすび。だから今日のご奉納は、神様と人間を繋ぐための大切なしきたりなんやよ」


 「むすび」はあるものとあるものをつなぐ、という意味に用いられます。別の意味では、文章の終わりも"結び"。おにぎりの事も"おむすび"と言ったりします。
この"むすび"という言葉の大元は「古事記」にあります。「ムス」と「ビ(ヒ)」に分けられて、「ムス」は「産す(生す)」で何かが生まれる様子を表し、「ヒ(ビ)」は、魂や霊または霊的・神秘的な働きのこと。万物は「むすひ」の働きによって生じ、発展すると考えるのが、神道にまとめられた日本古来の考え方です。
 「古事記」の冒頭で、最初に天地開闢の時、最初に天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)が現れて、その次に生産・生成の「創造」の神とされる高御産巣日神(たかみむすひのかみ) と、対になって男女の「むすび」を象徴する神の神産巣日神(かみむすひのかみ)が出てきます。この「むすひ(び)」が元々の語源で、神と人とのつながりを表します。

 人と人とのつながりも"むすび"であり、魂を結び合うこと。袖すり合うも他生の縁とか言います。確かに70億いる世界の人口の中で日本の人口が1億2千万人くらい。袖すり合うの袖すり合うだけではなく一生のうちで一言でも会話を交わすだけだとさらに減って1万人行くかどうか…。これってすごい確率だと思います。
 良い結びも悪い結びもありますが、どのような結びであっても縁であることに変わりはなく、どのようなむすびも意味のある事だと思っています。ダイヤモンドを磨くのはダイヤモンドしかないように、人を磨くのもやっぱり人しかないというのが持論です。

 こうして書いたblogを読んでもらうこともやはり"むすび"なんだと思います。
 私とのむすびが良いむすびだったらうれしいです。
 

 2日3日の2日間に渡り熱戦が繰り広げられた東京箱根間往復大学駅伝競走。走者は襷を繋ぐことで「"むすび"合い」一つになります。残念ながら今年も母校はシード落ち。襷は繋がらなくても思いは結ばれています。来年また予選会から頑張って欲しいです。