日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

ドンミノドミナス!

六番目の小夜子 (新価格) [DVD]

 2000年NHK教育テレビ「ドラマ愛の詩」枠で放送された「六番目の小夜子」。
 01年にDVD全3巻で出ていましたが手に入れることができず、中古で探していたのですが名作故か手放す人が少ないのか、たまに出ていても高額だったり、ほとんど市場にありませんでした。つい最近3枚セットで再版されることを知り、そっこー購入しました。しかも昔は1巻5000円くらい×3で1.5万だったところ3枚セットで6000円ちょいと半額以下。ちなみに当時発売されていた少年ドラマシリーズなぞの転校生」「七瀬ふたたび」も同形式で5.6月に再版されます。「なぞ転」はVOOK版を先に買っていて、特に好きな作品なのでDVD版を購入しましたが、「七瀬-」はVOOK版全4巻持っていたので買わなかったらあっという間に市場から消えてしまったんで今回必ず買います。

 さて「六番目の小夜子」。中学(原作は高校)が舞台のジュブナイル作品なのですが、主人公の潮田玲 を 鈴木杏、転校生の津村沙世子を栗山千明、玲の幼馴染の関根秋を山田孝之、玲の親友、花宮雅子を松本まりか。クラスメイトのガリ勉の加藤彰彦は舞台を中心に大活躍の山崎育三郎。文化祭実行委員会の設楽は「ウルトラマンメビウス」のクゼ・テッペイ隊員の内野謙太。秋の弟由紀夫は前田敦子の旦那、勝地涼と、今も第一線で活躍する俳優さんたちが若い頃多数出演しています。
 
 冒頭の♪ドンミノドミナスは、主題曲で今でも口ずさんでしまう印象的な曲でした。

Coba 六番目の小夜子

印象的なフレーズ、何語かわからない歌詞。これらの疑問について当時NHKから回答がされています。
 「皆さんの書き込みでも、とにかく評判のcobaさん作曲の音楽。中でも質問が多いのが(テーマ曲の外国語みたいな言葉は何て言ってるの?)でしょう。雑誌「ステラ」では既に紹介されていますが、ご覧になっていない方のために再放送を記念して(?)あらためてこの場でも皆さんの疑問にお答えしましょう。
 まずテーマ曲の冒頭、「モタメソモテマセ」などとバックでつぶやくようにくり返される部分は「あなたの運命はあなたの手の中にある」という意味のフランス語(Ton destin est entre tes mains)の逆回しです。テーマが始まると女声で「ドンミノドミナス」という具合に聞こえるフレーズが強烈に飛び出してきますが、これはまさしく聞こえるがまま「ドンミノドミナス」と歌っています。フランス人ヴォーカルが考えた歌詞を格好良く聞こえるように変えていくうち、最初の歌詞は跡形もなくなってこんな具合になりました。ちなみにそのバックでは冒頭、逆回しで使われていたフランス語がそのままの形で歌われています。フランス語のわかる人が身近にいたらためしに聴いてもらってみてください。
 なおこの曲のレコーディングは2回にわけて行われました。そんな訳で2回目に録音された曲は文化祭の回からしか使われていません。書き込みでお尋ねのあった(玲と沙世子・別れのシーン)の曲もこの2回目に録音されたものです。それまでもたびたび使われていますが、色々なバージョンがあり、あのシーンで使われたバージョンは初登場だったので新鮮な印象を受けたのではないでしょうか。いまのところCD化の予定はありませんが、cobaさんのアルバムに収録されたら嬉しいですね。」
とのこと。

 2000年、既に35歳。すっかり大人でしたが、小さい頃に観た「少年ドラマシリーズ」を彷彿とさせる展開を毎回楽しく観ていました。この次にやった「幻のペンフレンド2001」はソフト化されていません。アーカイブで観れるのかな。。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村