日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

バック・トゥ・ザ・フューチャー (吹替版)
今日から3週連続地上波放送、4Kリマスター版(放送はダウンコンバート)で、画面は綺麗でした。 
1985年公開なので、もう37年も前の映画です。DVDは3部作持っているのに、つい最後まで観ちゃいました。

気になったのは本編は恐らくノーカットだったんでしょうが、最後「T O BE CONTINUED…」がカットされていたところ。どうせ3部連続放送するなら、カットする必要なかったのに、何か意味があるのでしょうかね。(TO BE CONTINUED…って最初のロードショーの時はなく、ソフト化された時に付け加えられたものなんだと知りました。)
 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、3部作すべてが絶妙につながって、しかもすべてが面白いという稀有な作品。個人的にさほど洋画に詳しくない私なのにオールタイムベストテンに入ります。一見さんのライト層が見て面白いし、映画好き、SF好きのコアなファンも手放しで高評価な作品。この作品ダメってい人に会ったことありません。
 1部の中で様々な伏線が前半で散りばめられて、クライマックスに進むにつれてそれがほとんど回収される。それは、パート2,も3も同じで、積み残しががない。次の部に進むと、前作とのつながりが出てくるので、前作を見ているとなるほどーと思える。大きな流れとしては、マーティの成長があるので、パート3のラストは、感動します。つながりがあるので3部見ればより面白いけれど3部のどれか一つを見ても十分楽しめる作品。

 ここがこうだったらもっと良かった、というのが全くない完璧な映画です。

 見たことのない人は、是非見て欲しい作品です。

 来週パート2ですが、今は、サブスクでも観れるのでその前にパート1をも観ておくとより楽しめます。