日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

大きな玉ねぎの下で。

本日、安倍元総理の国葬が”大きな玉ねぎの下で”行われました。
国葬については当日の今現在まで是非喧しく、正直うんざりです。

安倍元総理の功罪が定まっていないというのはその通りなんですが、首相在任が憲政史上最長というのは、十分評価に値します。長いことでの腐敗ももちろんあったとは思いますが、いわば”日本の顔”である総理大臣がそれまでコロコロ変わっていたことがまず異常で、長いからこその外交成果は出ていたと思います。
特に隣国に対して一定の距離を置くことができたのは安倍総理の成果。これからどうなるかわかりませんが、遺志を継ぐ政治家は、間違っていることは間違っていると、ちゃんと言い続けないといけません。仏像、レーダー照射、自称慰安婦・徴用工、その他諸々まずは、襟を正して、自分の行いを認めること。それがないのにノービザ復活とか、草葉の陰で安倍さん泣いてるよ。
凶弾に倒れる遠因となった旧統一教会の問題もこの機会に徹底的に縁を切るべき。領袖が殺されたのに国民を欺きながら、今だに力を借りようとしていることがそもそもおかしい。あ、この団体も隣国発祥じゃん。

葬儀に掛かった費用が高いとか、そういうことを言うのは品がありません。「この人の葬式にこんな高い費用をかけるな」とか、下品極まりない。税金からだから言う権利があるという人もいますが、じゃ税金の使い道が全部思い通りになるか?悔しいけどそんなのはどこの国でもありません。文句があるなら公共サービスを一切受けずに自分の収入だけで生活すればよい。

だからといって国葬大賛成ってわけでもありません。だいたい国葬を開催する定義が曖昧だというのが、そもそもの問題。もうさ国葬天皇陛下だけでよいんではないかい。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村