日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」4Kリマスター(2回目)

1月5日に観に行きましたが、ムビチケを2枚買っていたので2週目に入った今日2回目を観に行きました。
1978年初公開時、翌年「宇宙戦艦ヤマトフェスティバル」と観ており今回劇場で観るのは4回目。その間、TV放映、ビデオ、DVD等メディアになっても観ているので10回以上は観ていると思います。
151分(2時間31分)と、最近は大体2時間以内の映画が多い中、かなり長尺です。
私はさすがに泣きませんでしたが、危ない場面は多々ありました(^^;)。物語終盤はあちこちで洟をすする音が…。最初の公開の頃はもっとすごかったなー。泣きはらした顔で、ハンカチを顔に当てて出てきた人多かった。
観客席はほぼ満員。帰り見たら妙齢の紳士淑女の皆さんばかり、若人はちらほら。リメイク版もそうですが、やっぱりヤマトって私たち世代を中心としたコンテンツなんですね。

確かに4Kデジタルリマスターの結果、フィルム上映の46年前と比べたら画面だけでなく音響も格段に良くなっていますが、”リメイク”している訳ではなく、明らかな作画ミスもそのままにしています。それはそれで”ノスタルジー”としては問題はありません。今回の上映も4Kリマスターの記念特別上映ですので逆に”修正”してはいけません。エンディング後の(西崎Pからの)メッセージも初公開版でした。

これ1979年の「ヤマトフェスティバル」の時に以下のように改変されていました。

一度死んだ人は元には戻らない。
さらばヤマトでそれをやってしまった以上、TV版は、2時間半の映画で埋められなかった部分を補完するだけでよかった。なのにラストを改変してしまった。
これは、第1作でも言えることで、スターシャがヤマト到着以前に亡くなってしまった劇場版を、TV放送時にTVシリーズ編集のスターシャ生存verに改変してしまった。
こうして死んでは生き返るを何度も行い、挙句の果てに「―完結編」では第1作で地球到着寸前に亡くなった沖田艦長まで復活とはいくら何でもご都合主義が過ぎる。
今は、パラレル設定とかで逃げられますが、昔は「なんじゃこりゃ」と匙を投げてヤマトから遠ざかった人も多いです。

私は、そんな”ご都合主義”にもかかわらず、45年以上いまだにヤマトに付き合っています。ストーリーはとっくの昔に諦めています。「ー2199」がそこそこよかったのが儲けものって感じ。それは恐らくヤマトの音楽が好きだからでしょう。「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」は初めて自分のお金で予約して買ったLPレコードということもあり、それこそすり減るほど聴いていたし、このレコードのおかげでクラッシックを聴くようになりました。

今の若い人たちに古いヤマトを勧めるかというと正直微妙です。当時のアニメであれば「劇場版 銀河鉄道999」はそのままお勧めできます。
もし今の若い人に観てもらうなら、音声は今回のものを使い、作画に統一性を持たせ、前後でどうしてもつじつまの合わない部分を直す「改訂版」を作ってほしいかな。

古いヤマトは私たち世代の宝物。
4K ULTRA HD Blu-ray 特別限定版「宇宙戦艦ヤマト」も「さらば宇宙戦艦ヤマト」 も高いなーと思いつつ買いましたよ、お宝ですから。こんな古い作品を4Kデジタルリマスターした労力に感謝です。


www.youtube.com

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村