日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

「「北の国から」で読む日本社会」

「北の国から」で読む日本社会 (日本経済新聞出版)

藤波 匠著・日本経済新聞出版社(日経プレミアムシリーズ)

北の国から」はフジテレビで1980からTVシリーズ、その後ドラマスペシャルとして2002年まで続いたシリーズ。
北の国からTVシリーズ全24話)
北の国から'83冬
北の国から'84夏
北の国から'87初恋
北の国から'89帰郷
北の国から'92巣立ち (前後編)
北の国から'95秘密
北の国から'98時代 (前後編)
北の国から 2002遺言 (前後編)

純(吉岡秀隆)と蛍(中島朋子)という2人の子供を連れて、生まれ故郷の北海道富良野に移り住んだ黒板五郎(田中邦衛)一家を中心に、時代に翻弄されながら自然とともに生きていくことを選んだ五郎さんと子どもたちの物語。

20年以上続いた物語で、俳優さんは変わらず演じられていて、ドラマにも関わらず、まるで黒板一家が本当にいるような錯覚に陥る。

それは、時代に背を向けて生活する五郎さんがある種の”憧れ”の対象であり、その対比として私達がいるこちら側の時代背景が対比として通低音として流れているからに他ならない。

北の国から」関連書籍というのも結構でていて、これはその時代背景についてまとめられたもので、興味深い。

実は脚本の倉本總さんは、「北の国から」の登場人物の歴史をしっかり組み立てられてドラマ作りをしているとのこと。ドラマではでてこない五郎さんが生まれてから東京に出てくるまでの北海道での生活についてもちゃんとある。

そういったキャラクター作りが奥行きのあるドラマになり、「北の国から」が、特に同世代の日本人の琴線に触れる物語になっている所以ですね。
ちなみにカミさんも好きですが、実は亡き義父がかなりこのドラマ好きで、実家にはシナリオ本が全巻有りました。
私も「北の国から」かなり好きなドラマで、DVD全巻持ってますw

見直してみようかな…。

一罰百戒。

わさびテロに続き、ツバ塗り男も…相次ぐ「回転すし」への迷惑行為は立件されるのか?

 回転すしチェーンも受難だ。セルフサービスが基本の回転すし店で、別の客が注文した握りを無断でつまんだり、わさびを大量に盛るイタズラを収めた動画がネット上で拡散し、問題になっているが、さらに悪質なやからが現れた。■10代とみられる男性客が備え付けのしょうゆの注ぎ口や湯飲みをナメまわして定位置に戻したり、レーンを流れるすしにツバを塗りたくったり、迷惑行為に及ぶ様子を撮影した動画がこれまた拡散。被害に遭ったのは、最大手の「スシロー」だ。ツイッターでは一時、「回転寿司」「迷惑行為」「スシロー」など、関連ワードがトレンド入り。大炎上している。■被害店舗を運営するあきんどスシローは30日、「警察と相談しながら刑事・民事の両面から厳正に対処する」とのコメントを発表。そりゃそうだ。この手のバカモノが跋扈したら、おちおち回るすしも楽しめない。あきんどスシローは迷惑行為が行われた店舗の調査や消毒などを行っているというが、立件される可能性はあるのか。■元検事の落合洋司弁護士はこう言う。■「一連の動画を見て、〈あのチェーンでぜひともすしを食べたい〉と思う人はまずいないでしょう。衛生面に不安を感じ、足が遠のくのが一般的な感覚です。店舗が被った直接的被害を立件するのは現実的ではない印象ですが、風説の流布偽計業務妨害罪に問われる可能性はある」■偽計業務妨害罪の法定刑は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金だ。「わさび大量盛り」に遭った大手の「はま寿司」は、投稿者からの謝罪の申し入れを拒否。25日、店舗のある所轄の警察署に被害届を提出した。■「民事の面でいえば、もちろん損害賠償請求をすべき事案です。厳正に対処せず、模倣犯が相次ぐ事態になれば、企業イメージにマイナスとなる。迷惑行為には強い姿勢で臨むと世間に知らしめたほうがいい。損害の算定範囲は難しいところですが、少なくとも対処にあたって生じた弁護士費用や人件費などは請求できます」(落合洋司氏)■ ネット上では犯人探しが続く。つまらないイタズラ心が身の破滅を招きかねない。(2/1(水) 9:06配信・日刊ゲンダイDIGITAL)

友達で集まったり、ギャラリーが多い場面で調子に乗る奴は一定数います。単なるお調子者レベルであればよいのですが、これまでもバイト先のコンビニのアイスボックスに入ったり、バックヤードで食材にいたずらしたりしたものが拡散されて、問題になったことがあります。
そういう事をいまだにやっている奴はお調子者という以上に単純に莫迦です。友達同士で集まったりしたときのお調子者が動画を上げる。それは、友達同士の小さなコミュニティであれば、同じような思考の持ち主だから「莫迦な奴」で済むところ、世界中に動画が拡散されて世界中から馬鹿にされる。友達の前で立ちションして笑いを取るのと、全世界の人が見ている中で立ちションするのを同じと考えている。

一罰百戒。
謝れば済むことと済まないことがある。裁判、損害賠償すべてやって自分のしたことの愚かさを骨の髄まで感じるがよい。

憂国の士はいないのか。

談話継承、対韓規制の緩和検討 政府、徴用工解決に合わせ
 日韓関係で最大の懸案になっている元徴用工問題に関し、韓国政府が日本側の受け入れ可能な解決策を最終的に決めた場合、政府が植民地支配に対する「反省とおわび」に触れた過去の政府談話を継承する立場を表明する案が出ていることが分かった。■対韓輸出規制の緩和も検討する。政府関係者が30日、明らかにした。■徴用工訴訟の原告側は被告の日本企業による「謝罪」や「資金拠出」を要求。韓国政府はこれを踏まえて日本側の「前向きな呼応」を促すとともに、韓国の財団が日本企業の賠償金を肩代わりする案を公表し、正式決定へ詰めの調整に入っている。■日本政府は一貫して1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場。国が主導して謝罪や資金拠出に応じるのは困難だと伝えている。■ただ、韓国側に一定の配慮を示す必要はあると判断。「痛切な反省」と「心からのおわび」を明記した95年の村山富市首相談話や、2015年に安倍晋三首相が発表した戦後70年談話を引き継ぐ姿勢を示す案が浮上した。■反省やおわびに重ねて言及することには自民党内の反対論も予想されるため、慎重に進める。■政府は併せて、輸出に当たって優遇措置を適用する対象国に韓国を再指定することを検討している。19年8月に安倍政権は貿易管理手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外。発動時から日本側は「徴用工問題とは関連しない」と説明しているが、「報復」とみなす韓国側は解除を求めてきた。■こうした対応を検討するのは、中国や北朝鮮の動きをにらんで韓国との安全保障協力を推進する必要があるとみるためだ。尹錫悦大統領は対日関係の早急な立て直しに意欲を示しており、日本政府関係者は「改善の大きな流れができれば、いろいろなことを模索する」と語った。(1/31(火) 7:05配信・時事通信

改めてお詫び?一定の配慮?ホワイト国復活?万が一でも本当にこんな事をしたら政権ひっくり返ることがわかってないのか。慰安婦の件でアメリカのバイデン(現大統領)を立会いに立たせ自ら外相として握手までした合意も反故にされ、レーダー照射の問題もそれ以前の仏像盗難も、勿論竹島問題もすべてあちらの国が自ら襟を正さなければいけない問題で、なぜコチラが”一定の配慮”を見せねばならない?仮にここでお詫びの継承という譲歩発言をすれば、これまで同様、土足でどんどん踏み込んでくるに相違ありません。
だいたい隣国同士というのは仲が悪いもの。それを今まで大人として扱ってきたのが間違いだったとどうしてわからない?
この件に関わらず、岸田首相の答弁を聞いていも全くわかってない感が強い。野党に政権を担える能力がないのは百も承知ですけど、これ以上にほんを壊そうとするなら自民下野も視野にいれないといけないかも。でもなー野党は更に中韓寄りだったりするからなー。
まともな官僚、政治家はどこにいる?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

基本飽きっぽいんです。

今週のお題「マメ」

集中力皆無だし、長続きしない自分がすごく嫌です。
なので、そんな自分を変えようとしています。
このblogも2006年から毎日更新(まとめて更新することは有)今年の4月で丸17年になります。
一番長く続けているのは読書記録。18歳からだから40年。最初は感想を書いていたけど、大学ノート1冊終えた時 に1行感想になり、今は読み始めた日、終わった日、タイトル、シリーズ名、作者名、版型だけ。感想はたまにこのblogで書くのと、2012年からサイト「読書メーター」に書いています。↓
bookmeter.com

弓道は再開して10年くらい。
あ、会社は新卒で入った会社は5年で辞めて今の会社は今年で28年目。

やっと色々なものを長く続けられるようになってきましたが、それでも飽きっぽい自分がすごく嫌で、色んなものに手を出して、気持ちを分散させることでなんとか続けているって感じです。
色々と手を出してすべてが中途半端になっているのも嫌です。
弓をやっている人で、ホント熱心に趣味は弓だけって人がいて、そういう人は寸暇を惜しんで弓道場に行っているからやっぱり練習量も多く上達も早い。自分は土日くらいしかできずしかも集中力がないからひとつひとつの動作を丁寧にできない。
サックスはレッスン日だけしか練習しないから全然上手くならないし、本もいうほど読んでない。映画も好きですがせいぜい映画館では月1観ればいい程度。

なんか自分の性格はホント嫌です。。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

追いすずめ(4回目)。

昨日から配布されている入場特典、新海誠監督著の掌編「芹澤のものがたり」が欲しくて、『すずめの戸締まり』4回目行ってきました。次の土日くらいに行こうと思っていたんですが、全国先着50万部とのことで1週間後だと無くなる可能性もあり、なんとなく昨日の夜予約状況をみたら15時の回に空席があったので速攻予約しました。

『すずめの戸締まり』やっぱいいです。
荒唐無稽な物語、という意味で言えば『君の名は。』も『天気の子』も一緒なんですが、東日本大震災の被災者をダイレクトに描いていて、なおかつ地震国日本の現状と今後をも示唆する内容は、とても考えさせられます。

後ろ戸が開く影響でミミズが土地を揺るがし地震を引き起こす。
”ミミズ”封じ込める時、閉じ師である草太が唱える祝詞

「かけまくしもかしこき日不見の神よ。
遠つ御祖の産土よ。
久しく拝領つかまつったこの山河。
かしこみかしこみ謹んで、お返し申す。」

ラストシーンでは、この言葉の後に次のような言葉を繋げます。

「命がかりそめだとは知っています。
死は常に隣にあると分かっています。
それでも私たちは願ってしまう。
いま一年、いま一日、いまもう一時だけでも、
私たちは永らえたい。
猛き大大神よ!
お頼み申します!」

心からの叫びです。人知の及ばない神に対して、神の怒りを鎮める為に弱い人間は祈るしかできない。

どのような辛く悲しい状況にあろうとも、人々は助け合い平和な世界を祈り続け生き続けていかねばなりません。

明日は必ず来ると信じて。

これまでの新海作品以上に明日への希望に満ちた作品だと思います。

お勧め。


www.youtube.com

ワクチン接種その後。

 注射をした部位に痛みはありますが、熱は殆どで出ず、夕方37.5℃くらいになった程度。思い起こせばモデルナ2回目がちょっと異常だった。3回目以降はファイザーでかなり楽でした。

 今回はオミクロン対応のものでしたが、それでも罹った人がいて予防効果はあんましないのは周知のこと。それでも罹った時に症状が軽いのであれば、接種することに否はありません。
 万が一接種すたことによる健康被害があったにせよ、それは国が推奨していることでなるのだから、なんらかの対応はしてくれることを信じたい。

 5月のGW明けには、5類に引き下げ。マスク着用は状況、個人に委ねると、国は責任を放棄するわけですが、本当の意味でコロナ収束というわけではない以上、私としてはできる限りマスク生活は続けるつもり。

 パンデミックは、「はいここで終わり」とはいかないでしょうから、こうして徐々に解除をしていって、「そういえば最近コロナに罹る人いなくなったねー」っていう感じで収束していくんでしょうね。

 まさか人生の終盤にパンデミック経験することになるとは思わなかったなー。これもまた人生です。

ワクチン接種(5回目)

今日は有給消化日でお休み。来月に控えた昇段審査のための練習とサックスレッスンの予定。
で、昨日確認したらオミクロン対応のコロナワクチンが接種できそうだったので弓の練習とサックスレッスンの間の時間に予約、無事注射できました。そんな感じで有給休暇は有効に活用でき、めでたしめでたしです。
今はちょっと腕が痛いのと微熱程度。前回接種の時もこの程度でしたので、今回もひどい副反応にはならなさそう。酷かったのはモデルナ2回目の時だったなー。

ワクチン射ったからといって罹らないわけではないのでしょうが、少なくとも症状は軽微で済むようなのと、5月以降は公費でなくなるんじゃないかということを考えると、やっておくことは無駄じゃないと思う。とはいえ、ワクチンが健康に与える影響というのはよくわからず、もしかしたらワクチン接種によって問題がある可能性も捨てきれませんが。

ここ数年はインフルワクチン射っていたんですけど、今年はワクチン接種していないので、インフルだけ気をつけないと。とはいえ、インフルに罹るのって5年に1回くらい。大丈夫なことを祈るばかりです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

飲み会。

コロナ禍が始まってから同僚とは初めての飲み会。実に3年ぶりということになります。

そもそも会社の人との飲み会って、昔はよく行っていたのですが、今はあんまり好きじゃなくて原則歓送迎会くらいしか行っていませんでした。
今回は、それこそ昔よく行っていた人が今年度私のいる事務所に異動されてきて、「今度行きましょうねー」といってたのですが、コロナが増えたりしていた関係で何度か延期してやっと開催でした。

同期入社、と言っても私が中途入社した時の新卒なんで年齢は下ですが、無事会社の階段を登り現在は部長様。昨日一緒に飲んだ人も部長様の先輩。この関係性は変わりませんw 場所の予約も一番
目下の部長様がやってくれましたw

お話は一緒に仕事をしていた頃なので、25〜30年前の話。いやー気がつけばそんなに仕事してるんだー。にしても私も含めみんなよく覚えているもんです。

コロナが流行しはじめて、特に人が集まる事が忌避されてコレまで普通にできていた飲み会やカラオケなどができなくなった。それはとても残念なことではあります。5月から5類に下げられ、マスクも各自判断となっても、あくまで決まり事の話で、コロナが収束するわけではなく、危険は隣り合わせのまま。会社の望まない飲み会は復活しなくてよいですが、旧交を温めたり、趣味事で繋がっていたりする飲み会は、徐々に復活させていきたいなと思います。

カラオケも行きたいけど、咽頭筋鍛えてからじゃないと無理だなー。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

忙 ー 心を亡くす。

忙しい時はシゴトがどんどん増えていく。マーフィーの法則ですかね。

それでも昔に比べれば早く帰れているんですけど、逆にこの早く帰らないといけない=短い時間で色々片付けないといけないというのもそれはそれで大変だったりします。

分刻みに打合せが入り、打合せのための資料も作らねばならず、客先提出用の資料も作らねばならず。それら資料はその後も訂正が続く。
4人しかいない課員で1人長期病欠中。その一人の仕事も継続しており、更に来年度の方針策定も進んでいる。
一方でコロナが落ち着いてから(落ち着いてないと思うんだけど)、やたら「ちゃんと聞きに行け」と、全国出張を強要してくる。私もあまりweb面談は好きじゃないので逢いに行くことに否はないのですが、それでも移動時間含めて丸1日潰れてしまうのはちょっとどうなの?と思ってしまいます。

こう疲れてると、行き帰りの電車の中での読書も進まず。

家についてもご飯食べてお風呂入って終わり。

良くないですねぇ。。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ。

雪は降ってないけど、むちゃくちゃ寒いっす。。最強寒波。冬将軍の到来です。

タイトルの歌は俵万智の『サラダ記念日』から。
なんかほっこりしますねー。

「人は人の中でしか成長できない」というのが自論です。どんな人でも自分の周りにいる人は自分を磨く糧となります。そんな中でも、やっぱり近くにいる人とは仲良くしていたいし、「寒いね」といったら「寒いね」と答えてくれる人が近くにいるというのは快いものです。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村