日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

文学

「離陸」

絲山秋子著・文春文庫 最近疲れも酷く、目も悪くなり、在宅勤務もあって、今年2冊目と全然本が読めてません。という言い訳。。主人公は国交省の若手キャリアで、八木沢ダムの現場事務所に派遣されている。 ある夜、主人公のもとに山中から黒人の山男が現れ…

「サンタクロースっているんでしょうか。」

1897年9月21日、アメリカニューヨークのサン新聞(「The Sun」)に「Is there a Santa Claus?」と題された社説が掲載されました。以来毎年クリスマスになると、この社説を再掲されていました。偕成社から小型の絵本が出ていて、私も30年以上前に購入、いつ…

欲はなく。

宮沢賢治の有名な詩「雨ニモマケズ」。私の生き方の指標です。生きていると、うまくいかないことがたくさんありますが、「慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている」ようにすることって大切だと思うのです。 激しい感情や欲は、物事を進めるための原動…

「鬼滅の刃 しあわせの花 」

集英社・吾峠呼世晴原作/矢島綾著漫画、TVシリーズ、映画ときて、小説版が3冊出てるということで、ポイント消化で3冊交換。まず第1巻を読みました。 漫画の小説化ではなくオリジナルストーリー。とは言え、本編には影響を与えない行間を埋めるお話しが4話…

さんま苦いか塩つぱいか。

昨日社食で南三陸の秋刀魚定食というのがあって食べました。今年初秋刀魚。 秋刀魚と言えば、佐藤春夫の詩「秋刀魚の歌」秋刀魚を食べる度に、 「さんま、さんま、さんま苦いかしょっぱいか」と唱えてしまうw以下全文。あはれ 秋風よ 情(こころ)あらば伝…

わたくしのすべてのさいわいをかけてねがう。

うちのカミさんは「ビンボー臭くてやだ」とかいいますが、わたしは宮沢賢治の詩好きです。 タイトルは「永訣の朝」の最後の一節。「永訣の朝」は中学校の教科書にも載っていて、賢治の詩の中で好きな詩のひとつ。最愛の妹の"トシ"が亡くなった時の様子を詩に…