日々雑感っ(気概だけ…)on Hatena Blog

思ったこと、思っていること。読んだ本、観た映画、TV。聴いた音楽…。会社でのこと、家族のこと、自分のこと。日々のうつろいを定着させています。はてなダイアリー開始は2003年、2006年4月から毎日更新継続中。2017年6月8日「はてなblog」アカウント取得、2019年1月「はてなダイアリー」から正式移行しました。アクセスカウンター2019年01月26日まではpv(2310365)です。

「人狼白書」

人狼白書 アダルト・ウルフガイ・シリーズ (NON NOVEL)

平井和正著・kindle/祥伝社・NONNOVEL版
アダルトウルフガイシリーズ第6巻。
アダルトウルフガイkindle再読マラソン6巻目。やっと折り返し点を過ぎました。前作「狼は泣かず」の直接の続編です。
「狼は泣かず」で人体事件の結果殺人マシーンとかした大滝雷太を心ならずも葬る事になった犬神明。その後しばらく穏やかな日々を過ごしていたが、盟友の蛇姫。石崎郷子が末期がんに侵されているという連絡を受ける。ほぼ時を同じくして日頃仲良くしている隣家の幼女美美が、突如難病に冒され余命いくばくもない状況に。何かがおかしい。
 蛇姫郷子の友人寺島雛子から、彼女たちの急な病は犬神明に仇なす大滝雷太の妹、志乃の生霊の仕業だと聞かされる。志乃を追う犬神明の元に超常現象が次々遅い行く手を阻む。軟禁状態の雛子に代わり、金髪碧眼の霊能者マイクブローニングが加勢するも美美の病気の進行を抑えるのがやっと。犬神明は一人志乃を追い詰めていくが、現実世界での志乃の行方は杳としてしれない。犬神明はついに志乃の力の本質である悪魔と精神世界で対峙する。

 アクションはあるものの全編を流れる精神世界からの攻撃。すっとした結末を期待していたのになんとも消化不良な終わり方。内容的には理解できるのですが、望んでいた結末ではなかったというべきか。。
 といいつつ、嫌いじゃないんです。「人狼白書」から「人狼天使(ウルフ・エンジェル)」と、どんどん現実世界のアクションは減り、悪魔との”禅問答”的なやり取りが中心になる。結果的に現実世界にもその影響は出てくるけど、現実の描写は少ない。観たいのは現実の方なんだけど(^_^;)。

 多感な時期にこの小説をはじめ”狼の時代”~"天使の時代”の平井文学に傾倒をした結果が今の私です。よかったのか悪かったのか…。
 人を裏切ったり、蹴落としたりして出世しようとか、そういう事はしない。悪い事を考えると「悪の波動」に侵食されているんじゃないかとか常に考えるようになりましたね。
 

残すところ「人狼天使」1-3部と「若き狼の肖像」。いよいよ強くなるオカルト色…。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村